未婚のシンママ生活

未婚・シンママの日々の日記です

私の出産②

19時に病院についてからというもの、LDRに行きました。

痛みがあるものの、看護師さんや両親とは痛みが治まった時にはきちんと話せる状態でした(痛みが出ているときは話せず)。

LDRのベッドで寝た状態でお腹に何か器具をつけられ、陣痛かどうかの判断?をしてました。

結果、陣痛でした。そしてこのまま入院の運びとなり、20時に一度休憩(装置を外す)、食事を父親に買ってきてもらって病室で食べてました。

この時この先にこの上ない地獄が待ち構えていようとは。

21時。両親帰宅。この時もまだ会話ができる。

22時。。。痛みが大幅にひどくなる。

22時30分。。うなりだす。。

 

日付が変わって28日。

痛みが襲ってくるたびに「うわ~」と叫びながらベッドのバーを握りしめる。私的にはこの痛みなんだからもう生まれていいのでは?と思ってました。

が。。。朝6時までず~~~~っとず~~~~っと我慢させられました。

すっごく痛いです。痛いのに看護師さんがかわるがわる私の背中やお尻をさするだけ。ありがたいことだったのですが、本当に痛くて辛くて看護師さんに「まだ??いつになったら生めるの?」と連呼。相当嫌な妊婦だったと思います。。。

すごく痛いのに何も処置が進まずずっと耐えるのみ。。。私はなんで何もしてくれないのか相当イラついてしまいました。

そして6時になって子宮口の開きをチェック。10㎝必要なのところ、まだ8㎝だったらしく、まだまだ我慢と言われました。

もう・・・ありえない。。。。

 

それから2時間、ずっと叫んでました。そして8時になって再度開きをチ ェック。やっと10㎝になったものの、今度は赤ちゃんが下りてきていないとかなんとか。。。

とにかく耐え難い痛みで、私は絶叫してましたね。ず~~~っとず~~~っと。もがき苦しんでました。

いつの間にか助産師さんや医師が代わる代わる私の部屋に来てました。

そして9時30分。医師が陣痛促進剤を投与する旨伝えてきました。

私はもうお腹切ってくれとずっと言っていたので、促進剤にすぐはうなずけませんでした。もう陣痛から解放されたい一心でした。

帝王切開もお願いしましたが当然却下 笑

何でもいい、とにかくこの陣痛を止めてほしかったんです。

でも叫び続けている中、拒否している時間ももったいないので合意しました。

そして点滴・・・

もう。。

絶叫と発狂と。。。気が狂いそうになりました。

私は今まで生きてきた中で自分はこんなに大声出せるんだ と思うぐらい本当に叫んでました。

とにかく最強に痛いのに、ここからさらに3時間・・・

12時をまわったところで助産師さんが「よく頑張った、もう生みましょう」といってきました。

「え?今までのは一体??」と思ったのですが、言いたかったことは助産師さんが私の子宮?を広げる方法をとった という事だったようです。

私がいきむタイミングで何か下の方でやってました。

更に会陰切開も。。

正直、促進剤投与してからというもののとにかく辛すぎて拷問にあっているようでした。

子宮筋腫もあり、いきむとそこも痛かったのです。

そしてやっと。。。

医師4人、看護師3人、あと数名いたような気がしますがベテラン先生が私のお腹を手で押して、助産師さんが下でカチャカチャやって、私がいきんで・・・

おめでとうございます!

 

・・・あ~、、、終わった。。。